チャートパターンメモ_20170815

f:id:dhc_or_dha:20170815231917p:plain

こんにちは、

 

今回は

気付いた点について

「残して」おきます。

 

今日は

2017/08/15 ですね。

 

USDJPY

日足

f:id:dhc_or_dha:20170815222530p:plain

↑日足は

大きなレンジの

底を折り返した

カタチになっています。

赤丸は本日 8/15 の

ローソク

 

 

4時間足

f:id:dhc_or_dha:20170815223348p:plain

↑勢いよく

伸びているように

見えますね。

 

1時間足

f:id:dhc_or_dha:20170815224353p:plain

 

15分足

f:id:dhc_or_dha:20170815225249p:plain

 

5分足

f:id:dhc_or_dha:20170815230750p:plain

短期足に

落とし込んで

見てみると

ブレイクアウト

→レンジ

→ブレイクアウト

→レンジ

で伸びていたことが

分かります。

 

短期足で

レンジからの

ブレイクアウトは

どのタイミングなのか

 

見極めるのは

難しい感じですが

損切を許容できる

ラインを

上手く見つけて

買いでエントリーしておいて

ブレイクアウトごとに

損切ラインをトレールして

様子を見ておく

 

そんなイメージを

残しておく

 

記事でした。

 

 

押し目を狙う って? 実際は?

f:id:dhc_or_dha:20170812143726p:plain

こんにちは。

 

トレードの

エントリーポイント

押し目

 

過去

記事で検証ネタの

「カタチ」について

書きましたが、

 

私自身の課題は

押し目」でエントリー

すること 

を検証で「練習」

しているところです。

 

fx-trade-record.hatenablog.com

 

しかし、実際

押し目なのか

転換なのか

判断 むずかしいですよね。

 

特にスキャルだと

早めの判断が必要で

1歩遅れると

損切ラインが広がってしまう。

 

 

20170811 トレード記録です。

 

スマホでの環境が多いため

スマホでの「操作練習」も

兼ねてます。

 

通貨ペア:EURJPY

時間足 :5分足

時間  : 11:51 →12:19

レート :128.235→128.200

     売りエントリー

+3.5pips

 

エントリー根拠:

↓ 画面付きで。

f:id:dhc_or_dha:20170812134609p:plain

↑ 青の水平ライン(日足のレジサポ)を

  超えてきた。

 

f:id:dhc_or_dha:20170812134829p:plain

↑1時間足も同様

 陰線が続いて

 切り下げてきている。

 

f:id:dhc_or_dha:20170812134912p:plain

↑ 15分足も同様

   陰線ローソクが並び

  下落方向が強く見えます。

 

f:id:dhc_or_dha:20170812133225p:plain↑ 5分足も同様

 損切ラインはピンクの

 ラインです。

 

f:id:dhc_or_dha:20170812135107p:plain

 ↑ T/Pで決済

 

f:id:dhc_or_dha:20170812135248p:plain

f:id:dhc_or_dha:20170812135342p:plain

 

ポイントは

短期足の動きが

上位足でも

リンク、

影響がある、

ところを探しています。

 

また、

後からわかることですが

今回私がエントリーしたポイントは

転換 手前の部分。

この後

短期足では上昇していきました。

 

f:id:dhc_or_dha:20170812142225p:plain

 ↑  その後

 5分足では上昇

 

f:id:dhc_or_dha:20170812142649p:plain

↑ 4時間足でみると

  下降の中での戻し。

 

移動平均

RSI

MACD

など分析ツールは

「後出し」じゃんけん

的なものなので

未来を予想

することは出きませんね。

 

長期足で下降中の

戻しの中で

短期足で「買い」

は個人的には難しいので

今のところ

「やらない」

 

と決めています。

 

最初にやることは

「勝てる相手」

を見つけることだと

思います。

20170810 トレード記録

f:id:dhc_or_dha:20170810223930p:plain

こんにちは。

 

20170810 トレードは

ノーエントリーです。

 

EURJPY の

8:50頃と17:20頃の

1H,、15min、5minの

比較画像です。

 

8:50頃

f:id:dhc_or_dha:20170810212625p:plain

17:20頃

f:id:dhc_or_dha:20170810213504p:plain

 

8:50頃

f:id:dhc_or_dha:20170810212654p:plain

17:20頃

f:id:dhc_or_dha:20170810213537p:plain

 

8:50頃

f:id:dhc_or_dha:20170810212741p:plain

17:20頃

f:id:dhc_or_dha:20170810213607p:plain

 

エントリーしなかった根拠:

8:50頃の1時間足で

128.500付近で転換して、

上昇するか、

緑ライン(129.600)で再び

転換するかと考えていましたが

10:00過ぎに予想とおり

再び下落始めたものの

どこまで動くか

分からない、および

所用で張り付いて

モニターできない。

→下落の勢いが分からない

為 静観することにした。

 

22:30頃

f:id:dhc_or_dha:20170810222732p:plain

 

PC画面で確認すると

レンジを築いてブレイクアウト

その後

再びレンジを築いています。

方向感が分からない。

 

分からない→エントリしない。

 

現在は検証ですが

資金を減らさない

ことも大事ですね。

 

20170809 トレード記録

f:id:dhc_or_dha:20170809230131p:plain

こんにちは

 

20170809 トレード記録です。

 

昼間時間帯は

スマホでトレードですが

スマホ画面

小さすぎですよね。

環境認識には

手こずります。

 

PCでのトレード環境が

ある方は

PCで分析しましょう。

 

 

通貨ペア:EURJPY

時間足 :5分足

時間  : 10:40 →10:45

レート :129.034→128.972

     売りエントリー

+6.2pips

 

f:id:dhc_or_dha:20170809223905p:plain

 

f:id:dhc_or_dha:20170809224342p:plain

 

f:id:dhc_or_dha:20170809224709p:plain

 

エントリー根拠:

1時間足で下落方向

5分足で8SMAを

下抜けた→陰線が続いている

→下落の勢いが強い

為 売りでエントリー

決済は失敗。

※過去にスマホ

FXトレードアプリで

T/Pを6pipsで設定していたことを

忘れていた為。

6pips超えたところで決済

 

いずれにしても

スマホ画面では

狭すぎて

水平ラインを弾くのが

難しい。

 

PCとスマホ

引いたラインが

同期してくれる

アプリがあればいいんですけどねぇ。

 

明日はこの

教訓を生かします。

 

気付きを生かして

次に繋げましょう。

 

20170808 トレード記録

f:id:dhc_or_dha:20170808215735p:plain

こんにちは

 

20170808 トレード記録(一部)です。

 

通貨ペア:EURJPY

時間足 :5分足

時間  : 20:04  →20:08

レート :130.433→130.374

     売りエントリー

+5.9pips

 

1時間足

f:id:dhc_or_dha:20170808211857p:plain

5分足

f:id:dhc_or_dha:20170808211517p:plain

 

f:id:dhc_or_dha:20170808212019p:plain

 

エントリー根拠:

 

5分足

16:00過ぎから

レンジを形成していますが

この時間は残念ながら

所用でエントリーできない。

トレードできる時間帯で

ボリバンタッチでの

タイミングを見ていたが

レンジを支えていた

サポートライン(1時間足でも

サポートされている)を

下回ってきたので

売りでエントリー。

決済理由は15分足で

レジサポとなっていたラインに

T/Pを置いて決済。

 

書いていて思いますが

やはり

何故自分がそのような行動をとったのか

知ることができる。

記録、

大事ですね。

 

トレード記録について

f:id:dhc_or_dha:20170806221015p:plain

こんにちは

 

トレード履歴

トレード記録

 

付けてますでしょうか?

 

人の記憶って

かなり曖昧かと

思っていますが

 

自分の思考、行動を

振り返って見るために

記録を残すことは

重要かと思います。

 

先週のトレードを

週末にまとめて

振替ってみましたが

 

なぜそうしたのか

思い出せない

 

説明ができない

トレードが

あったりしました。

 

1週間分の

トレードの分析

 

まとめてやろうとすると

 

結構

時間もかかる

 

集中力もいる。

 

なので

 

マメにとることが

望ましいですが

 

簡単に

記録がとれる

工夫も必要。

 

MT4や

各証券会社の

トレードツール

で記録されることに関しては

ツールにまかせて

 

何故そこで

トレードをしたのか

「根拠」「理由」

など

自分の「思考」

が後からでも

明確に把握できる

仕組み。

 

トレードをより

ブラッシュアップしていく

ためには

「思考」

を認識することが大事ですよね。

 

仕組みを準備して

 

今週のトレードに備えましょう。

 

検証の目的

f:id:dhc_or_dha:20170730144050p:plain

こんにちは

 

検証の目的は

決めてますでしょうか?

 

利益の出し方を検証?

 

ベストなエントリーポイントを探す?

 

勝てる方法を探す?

 

手法の検証とかもあるかと思いますが

 

もっとシンプルにいきます。

 

自分で決めた

ルールとおり

行動できているか。

 

目先のチャートの

動きに翻弄されて

 

「なんでこんなところでエントリー?」

 

って数が多ければ多いほど

 

無駄な動きを

してますよね。

 

そもそも、

決めたことをやってないと

 

バラつきが生じるハズなので

 

正解にたどりつきません。

 

なので

 

まずは

 

結果はともかく

※大事ではありますが

同じ「カタチ」で行動してみる。

 

まず

 

そこから。